FC2ブログ

尼崎 整体 | 瀬戸口療整院

尼崎にある気導術 整体の瀬戸口療整院の公式ブログ
体の痛みから心の痛みまでやわらげるための情報から、瀬戸口療整院の日々の出来事など・・・

要介護の主要因 「ロコモ」 (62)

医学は知識を基本としますが 気導術 は心を基本とします。 瀬戸口療整院


寝たきりや要介護の主要な原因である「ロコモ 運動器症候群」。
日本整形外科学会は、将来ロコモになる可能性を判定する「ロコモ度テスト」を
作った。
若い世代にもロコモ予防の大切さを呼び掛けるのが狙いだ。
あなたのロコモ度は?

ロコモは、骨や関節、筋肉などの機能が低下する「運動器の障害」によって歩行や
日常生活に何らかの支障がある状態のこと。
平成19年、同学会が提唱した概念。
同学会は、22年に予防・啓発のため、推進協議会を設立した。
ロコモの認知向上は今年4月から開始した厚生労働省の「健康日本21(第2次)」の
目標項目にも選ばれている。



運動器の働きが大事なのは、運動器に支障があると健康寿命(健康上の問題がない状態で
日常生活を送れる機関)に大きく影響するためだ。
日本人の平均寿命と健康寿命の差は男性が約9年、女性が約12年。
晩年の約10年を自立できない状態で過ごしている人が多いのが現状だ。
同学会はこれまで、「7つのロコモチェック」によってロコモ予防を呼び掛けてきた。

新たな「ロコモ度テスト」について、同学会理事長で九州大学院外科学講座の岩本幸英
教授は「ロコチェックはロコモかどうか気ずいてもらうためのテスト。既にロコモの人では
予防が難しい。運動機能の低下は20~30代から始まっている。より早い段階で将来の
ロコモリスクが分かれば、生活習慣の見直しなどで効果的なロコモ予防ができる」と
説明する。

脚力を測る「立ち上がりテスト」は、高さ10~40センチの台に座り、片脚や両脚で
立ち上がれる台の高さを測る。低いほどよく、20代男性では20センチの台から
立ち上がれるかが目安。

歩幅を測る「2ステップテスト」は、2歩分の歩幅を身長で割った値を調べる。
例えば、身長175センチの人で2歩幅が285センチの場合、2ステップ値は1・63.
30代では標準、40代では標準以上だが、20代では標準以下となる。
「歩行速度が遅くなると寝たきりのリスクが上がる。年齢相応の歩幅を維持しているかは
大事なポイント」(伊奈病院整形外科・石橋英明部長)

それぞれの結果を年齢層別の目安と比較し、一つでも達成していないと将来ロコモになる
可能性が高いという。
同学会はロコモ予防のために片脚立ち(左右1分間ずつ、1日3回)とスクワット
(5~6回を1日3回)を推奨してきた。
今回は、これに、カーフレイズ(両脚で立った状態から片脚を大きく前に踏み出し、太ももが
水平になるくらいに腰を下げた後、踏み出した脚を元に戻す)の運動を追加。

いずれも下半身に筋肉を付ける運動で、カーフレイズは、10~20回、フロントランジは
5~10回、ともに1日2~3回が目安だ。
岩本教授は「ロコモにならないように暮らしの中で運動を習慣ずけてほしい」と
呼び掛けている。


            {7つのロコチェック}


1 家の中でつまずいたり滑ったりする
2 階段を上がるのに手すりが必要
3 15分読けて歩けない
4 横断歩道を青信号で渡りきれない
5 片脚立ちで靴下がはけない
6 2キロ程度の買い物を持ち帰るのが困難
7 布団の上げ下ろしなどが困難


            **一つでも当てはまるとロコモの可能性がある**    




[タグ未指定]
[ 2013/07/08 10:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

seto1117

Author:seto1117
こんにちは瀬戸口療整院の院長
瀬戸口 幸二です。

尼崎 整体の瀬戸口療整院
 公式ホームページ

最新トラックバック
カテゴリ